お客様と環境に良いエネルギーと設備を提案します。

再生可能エネルギーや未利用エネルギー等の活用でお客様に最適なエネルギーの使用法をご提案致します。
また、排水処理設備や土壌汚染対策で美しい沖縄を守ります。

植物工場

植物工場とは

植物工場とは、施設内で植物の生育環境(光、温 度、湿度、二酸化炭素濃度、養分、水分等)を制御して栽培を行う施設園芸のうち、環境及び生育のモニタリングを基礎として、高度な環境制御と生育予測を行うことにより、野菜等の植物の周年・ 計画生産が可能な栽培施設となります。

施工事例
沖縄セルラーアグリ&マルシェ
完全人工光型の植物工場です。
水耕栽培を行い、照明、空調設備等で植物の生育に適した環境を作ることができます。
工事場所
南城市
規模・面積
165㎡
日産
600株 (一日で収穫できる株数)
栽培品目
レタス類、ハーブ類

コジェネレーションシステム

コジェネレーションシステムとは

採取した水溶性天然ガスをガスと温泉に分離し天然ガスを利用した発電や、温泉を冷ます際に発生する排熱を熱エネルギーとして冷暖房や給湯などに利用される仕組みです。
省エネルギーや二酸化炭素の削減に効果がある発電方式として地球温暖化対策にも期待されています。

施工事例
ユインチホテル (タピック沖縄)
沖縄県内で初めての天然ガスを利用した熱電併給設備を当社で建設いたしました。ユインチホテル南城の電力の約10%を賄うほか、天然ガスと一緒に湧出する温泉の排熱は給湯用の 熱として利用し、ボイラーで使用する燃料代を削減しています。
※2009年に環境省の天然ガス探鉱費補助事業の採択を受けています。
住所
南城市佐敷字新里1688
発電能力
50kw
年間CO2削減実績
2,100t
※年間約1,600万円前後の光熱費の削減を行いました。

太陽光発電

1998年より太陽光発電設備の販売を開始し、産業用、住宅用を合わせて1,500件の導入実績があります。

施工事例
営農型太陽光発電
太陽光パネルを使って日射量を調節し、太陽光を農業生産と発電とで共有する取り組みです。 農業者の収入拡大による農業経営のさらなる規模拡大や6次産業化の推進が期待できます!

オイルバクターシステム

オイルバクターシステムとは

オイルバクターシステムとは地球環境に配慮した油脂含有排水処理システムです。
従来法に比べ運転管理が簡略でありながら処理の安定、ランニングコストの削減を実現します。食品工場を中心に様々な分野で活躍する環境に配慮した注目の技術です。

油脂排水処理はバイオの時代へ

- オイルバクターシステムの特徴 -
効果
油脂含有排水処理に
効果絶大!
オイルバクター(特殊強化微生物)による油脂分の酵素分解により生物処理が可能に!
設備効率化
加圧浮上装置が不要!
凝集剤不要、浮上スカム汚泥ゼロ、加圧浮上運転管理者が不要に!
能力UP
オイルバクターシステム
の処理能力は絶大!
既存設備からの改造により処理能力がUP!
コスト削減
ランニングコストを
大幅に抑制!
汚泥処分費、薬剤費用、運転管理者コストが大幅に削減!