アパート屋根

アパート用太陽光発電(ソーラー発電)とは?

所有物件の利回りをアップさせたい!とお考えのアパートオーナー様へ。今、太陽光発電システム設置による「屋根活用」が関心を集めていることをご存じですか?固定価格買取制度や、国の補助金制度などによって、気になる初期投資の回収も早くなりました。ぜひ、一度、ご検討ください。

太陽光導入メリット

メリット01補助金を利用できる。

太陽光発電システムの
導入にあたり、
国の補助制度の利用や
余った電力を電力会社に
売電することで、
初期投資が回収できます。


メリット02固定価格買取制度の適用。

国も太陽光発電の導入促進をめざし、余剰電力買取制度を制定しています。申込時から10年間の買取価格をうたっています。

メリット02売電の収益性が安定している。

アパートの広い屋根は、一般家庭よりも多くの太陽光パネルを設置できるので、売電する電気を多く生み出す事が可能です。従って効率的にも優れています。

メリット02売電の収益性が安定している。

お孫さんの環境への興味関心、学習意欲を高め、地域の競合アパートとのイメージの差別化にもつながります。

アパート屋根活用のメリット

アパート屋根活用のメリット

  • 広い屋根を活用してより多くの電気を発電できる!
  • たくさん太陽光発電した分、高い売電収入を期待できる!
  • 10kw未満なら補助金をもらえるから設置コストを抑えられる!
  • 断熱性がよくなって夏は涼しく冬は暖かい!
  • メーカーによる10年保証で導入後も安心!
  • イメージアップにより物件価値が向上、入居率アップを期待できる!

導入パターン

アパートへの太陽光発電の設置方法は大きく分けて4つ。
オーナー様の目的や予算、生活スタイルによってお選びいただけます。

集合住宅の共用部電源に活用

発電した電力を賃貸住宅の共有部設備の電気代として利用します。
アパートの廊下や門灯などの共同電量は昼間使わないケースが多いので発電した電力のほとんどを売電に回せるケースが多くなっています。

※売電量は条件によって異なります。

オーナーさまのご自宅(別棟)電源に活用

アパートの屋根で発電した電気を別棟のご自宅で活用し、余った電力を売電。 自宅の屋根より広いアパートの屋根を使うことで多くの発電が期待できます。
また、ご自宅が同一敷地内にある場合は国や地方自治体の補助金が適用されることもあります。

※条件により補助金が受けられない場合もあります。

オーナーさまのご自宅(アパート内)電源に活用

アパートの屋根で発電した電気をすべてご自宅で活用し、余った電力を売電します。 国や地方自治体の補助金を適用されれば導入コストを節約できるメリットも。

※条件により補助金が受けられない場合もあります。

メールでのお問い合わせ

太陽光簡単御見積もり

ページの先頭へ戻る